被害パターン

金融商品取引被害の被害パターンを以下に列挙します。19個ある類型のうち、気になる項目をクリックしてください。

意思が一致していない、もしくは意思表示すらしていないのに契約されていた。 高齢・障害等の要因により、契約時の意思能力に問題がある。
明らかな暴利行為や、無登録営業者との取引だった。 未成年者単独での取引・強引な勧誘による契約だった。
投資者の目的や資産からして、不適合な取引だった。 取引の仕組みやリスクについて十分な説明をうけておらず、理解できていなかった。
合理的な根拠のない助言を受け、契約・取引を行った。  積極的な助言や情報提供を受けられず、取引が継続した。
「確実に」「必ず」といったような断定的な判断が提供された。 断定的とは言い難いが、「確実である」と誤認させるような勧誘を受けた。
事実と異なることや、利益になることばかりを言われた。 損失を負担したり、利回り等の保証を伴う勧誘をされた。
思っている以上に多くの金額・回数において取引が行われた。 「じゃあ任せたよ」と、取引は専門家に任せきりであった。
取引の際に、全く同意を得ないまま取引が行われた。 取引をやめるよう指示したのに、やめなかったため損失を被った。
重要書面が交付されていなかったり、虚偽の記載があった。 社会的に明らかな不正を行っていた。
その他

 

新宿・所沢・国分寺で先物・金融商品取引被害の相談予約をしたら

特別コンテンツ

専門情報コンテンツ

その他コンテンツ

事務所情報

弁護士法人 アルファ総合法律事務所
TEL.0120-10-5050

新宿オフィス
〒151-0051
東京都渋谷区千駄ヶ谷5-27-3
やまとビル8階
(新宿駅徒歩3分)

所沢オフィス
〒359-1123
埼玉県所沢市日吉町14-3
朝日生命所沢ビル8階
(所沢駅西口徒歩1分)

国分寺オフィス
〒185-0012
東京都国分寺市本町2-16-4
ラフィネ込山No.2 6階
(国分寺駅北口徒歩5分)




金融商品取引被害(先物取引等)のお悩みがございましたら
0120-10-5050
までお問い合わせください。




所属弁護士

保坂光彦(埼弁)
加藤剛毅(埼弁)
その他複数名所属


簡易事務所紹介

弁護士法人アルファ総合法律事務所は、新宿・所沢・国分寺にオフィスを展開しております。
各オフィスで金融商品取引被害(先物取引・為替デリバティブ被害等)の問題についてご相談を多数実施しており、地域在住の方のみならず、近郊の方、その他各地の方々より、各オフィスへお問い合わせを頂いております。
フリーダイヤルは所沢オフィスにつながりますので、そちらへお電話いただき、予約を取っていただくことも可能です。(たとえば国分寺オフィスでの先物被害の相談がご希望の場合でも、フリーダイヤルか各事務所にお電話・お問い合わせいただくかたちとなります。ただしフリーダイヤルは交通相談の予約専用となりますので、予めご了承ください。)。


新宿オフィス金融商品取引被害(先物取引等)業務エリア:新宿、中野、三鷹、武蔵野市、吉祥寺、国分寺、清瀬、秋津、所沢、その他埼玉東京全般
所沢オフィス金融商品取引被害(先物取引等)業務エリア:所沢、狭山、入間、川越、飯能、その他埼玉、東村山、東久留米、東大和、西東京、清瀬、小平等
国分寺オフィス金融商品取引被害(先物取引等)エリア:国分寺、西東京、小平、小金井、その他埼玉東京全般