過当取引

過当取引とは、専門家であるという信頼を濫用した金融業者によって、手数料稼ぎ等のために、金額・回数において過当な取引を行うことを指します。過当取引により被害を被った場合には、損害賠償請求を行うことができます。

過当取引に該当するかどうかは、裁判例によると、①過当性、②口座支配性、③悪意性の3要件を具備しているかどうかで判断されています。なかでも特に①の過当性の要件は、回転率(顧客の資金が年間に何回転しているかの指標で、回転率が高いほど過当性が認められやすいとされます)及び手数料率(委託手数料の投資金額に対する比率指標で、手数料率が高いほど過当性が認められやすいとされます)という客観的なデータで判断できます。

上記のような客観的なデータは、業者から取り寄せた委託者別先物取引勘定元帳(通称「イタカン」)を弁護士などの専門家が分析することにより明確にわかりますので、まずは勘定分析だけで弁護士に委任し、はっきりと違法性が分かった時点で交渉を始める、ということもできます。

新宿・所沢・国分寺で先物・金融商品取引被害の相談予約をしたら

特別コンテンツ

専門情報コンテンツ

その他コンテンツ

事務所情報

弁護士法人 アルファ総合法律事務所
TEL.0120-10-5050

新宿オフィス
〒151-0051
東京都渋谷区千駄ヶ谷5-27-3
やまとビル8階
(新宿駅徒歩3分)

所沢オフィス
〒359-1123
埼玉県所沢市日吉町14-3
朝日生命所沢ビル8階
(所沢駅西口徒歩1分)

国分寺オフィス
〒185-0012
東京都国分寺市本町2-16-4
ラフィネ込山No.2 6階
(国分寺駅北口徒歩5分)




金融商品取引被害(先物取引等)のお悩みがございましたら
0120-10-5050
までお問い合わせください。




所属弁護士

保坂光彦(埼弁)
加藤剛毅(埼弁)
その他複数名所属


簡易事務所紹介

弁護士法人アルファ総合法律事務所は、新宿・所沢・国分寺にオフィスを展開しております。
各オフィスで金融商品取引被害(先物取引・為替デリバティブ被害等)の問題についてご相談を多数実施しており、地域在住の方のみならず、近郊の方、その他各地の方々より、各オフィスへお問い合わせを頂いております。
フリーダイヤルは所沢オフィスにつながりますので、そちらへお電話いただき、予約を取っていただくことも可能です。(たとえば国分寺オフィスでの先物被害の相談がご希望の場合でも、フリーダイヤルか各事務所にお電話・お問い合わせいただくかたちとなります。ただしフリーダイヤルは交通相談の予約専用となりますので、予めご了承ください。)。


新宿オフィス金融商品取引被害(先物取引等)業務エリア:新宿、中野、三鷹、武蔵野市、吉祥寺、国分寺、清瀬、秋津、所沢、その他埼玉東京全般
所沢オフィス金融商品取引被害(先物取引等)業務エリア:所沢、狭山、入間、川越、飯能、その他埼玉、東村山、東久留米、東大和、西東京、清瀬、小平等
国分寺オフィス金融商品取引被害(先物取引等)エリア:国分寺、西東京、小平、小金井、その他埼玉東京全般